CBDオイル&CBDウォーターの使い方

CBDオイル&CBDウォーターの使い方

CBDを気軽に摂取できることで人気の「CBDオイル」と「CBDウォーター」。実際に手に取ってみたものの、イマイチ使い方や摂取方法が分からない、という人も少なくないはず。

ここでは、CBDオイルとCBDウォーターの使い方と摂取方法、そして摂取タイミングなどについて紹介します。

table of contents

CBDオイルの使い方
舌下摂取は吸収が早い
経口摂取は吸収率が低い
CBDオイルの摂取方法
CBDウォーターの使い方と摂取方法

CBDオイルの使い方

CBDオイルには、様々な使い方がありますが、最も一般的なのが「舌下摂取」と呼ばれる方法です。

この方法では、スポイトを使って舌の裏側にCBDオイルを数滴垂らして飲み込みます。(詳しい摂取方法は次の「CBDオイルの摂取方法」をご覧ください)

舌下摂取は吸収が早い
舌下摂取が人気な理由として、短時間で効果が出ることが挙げられます。狭心症の発作を止めるときにニトログリセリン錠を舌下から服用するように、舌下摂取には摂取してから体内に作用するまでの時間が非常に速いという利点があります。

これは、舌の裏側には大きな血管があり、舌下摂取することで成分がその血管に直接入り、すぐに体内に吸収されるからです。

舌下摂取は、効果を早く実感できるだけでなく、ただCBDオイルを口から飲み込む「経口摂取」方法よりも吸収率が高いことで知られています。

舌下摂取は吸収が早い

舌下摂取が人気な理由として、短時間で効果が出ることが挙げられます。狭心症の発作を止めるときにニトログリセリン錠を舌下から服用するように、舌下摂取には摂取してから体内に作用するまでの時間が非常に速いという利点があります。

これは、舌の裏側には大きな血管があり、舌下摂取することで成分がその血管に直接入り、すぐに体内に吸収されるからです。

舌下摂取は、効果を早く実感できるだけでなく、ただCBDオイルを口から飲み込む「経口摂取」方法よりも吸収率が高いことで知られています。

経口摂取は吸収率が低い

経口摂取は、CBDオイルを食べ物や飲み物に混ぜて摂取する方法ですが、この方法は吸収率が6〜20%と低くなってしまいます(舌下摂取の場合は、吸収率が13~35%)。

CBDオイルは舌下や口から摂取する方法以外にも、皮膚に塗ったり、入浴剤に混ぜたり、ベイプによる吸入摂取などもあります。

CBDオイルは、基本的に摂取するタイミングに決まりはありません。CBDオイルの摂取効率を高めたい場合は、CBDオイルの吸収率が高い空腹時での摂取をおすすめします。

場合によってはCBDオイルを摂取して眠気が増すことがあります。そのため、日中は摂取量を減らした方が良いかもしれません。

CBDオイルは、たくさん摂取したからといって効果が倍増するというものではありません。1日の目安量を守り、毎日継続して摂取することが大切です。

CBDオイルの摂取方法

CBDオイルの摂取方法

CBDオイルは、「CBDオイルドロップス」という名前で呼ばれることがありますが、これはキャップ部分がスポイトになっていて、簡単に1滴ずつ垂らして摂取できるようになっているからです。

CBDオイルの効果を最大限に実感したい方は、以下の4つのステップに沿って摂取してみましょう。

1. 瓶を軽く振ります
2. オイルを舌の裏側に数滴垂らします
3. オイルをすぐに飲み込まずに舌の裏側に留めます
4. 90秒ほど経ってから飲み込みます

舌裏に垂らすことが難しいときは、鏡を使って口の中を確認しながらお試しください。

スポイトに慣れないうちは、スプーンなどに適量のCBDオイルを垂らしてから口に含むと、失敗することなく摂取できます。

CBDオイルを直接摂取することに抵抗がある方には、最初は飲み物に混ぜて摂取する方法がおすすめです。

CBDオイルと相性の良い飲み物には、牛乳、スムージー、ジュースなどがあります。

海外では、CBDオイルを混ぜたコーヒーやカクテルなどが販売されていますが、カフェインやアルコールの作用でせっかくのCBDオイルの作用が相殺されてしまう可能性があり、あまりオススメできません。

またCBDオイルは一定温度以上で加熱すると成分が変化し、効果が薄れてしまうことがあるため、CBDオイルを混ぜた飲み物を加熱しないように注意してください。

温かい飲み物にCBDオイルを混ぜたい時は、飲む直前でCBDオイルを加えるようにしましょう。

CBDウォーターの使い方と摂取方法

CBDオイルの次に人気なのが、CBDウォーターです。

CBDウォーターは、ペットボトル入り飲料として気軽に飲めるメリットがあり、「まずはCBDの効果を手っ取り早く試してみたい」という方におすすめです。

CBDウォーターの一番の魅力は、ペットボトルなので持ち運びがしやすく、外出先でも手軽にCBDを摂取できるところです。

仕事中だけでなく、ランニングやヨガなど運動時の水分補給にも使えます。

味は甘味料ゼロ、香料ゼロ、カロリーゼロなものがほとんどで、CBDそのものが味わえる清涼飲料水となっています。

CBDウォーターの飲むタイミングは、CBDオイルと同じで特に決まりはありません。リラックスしたいときや、気分を整えたいと思ったとき、また眠りにつく前など、お好きなタイミングで飲用できます。

CBDオイルと同様、CBDウォーターも飲んでからすぐに効果が現れるわけではありません。最低でも1〜2週間以上飲み続けてみましょう。

またCBDウォーターはたくさんの本数を飲めば効果が高まるものではありません。最初のうちは、1日1本など自分にあった適量を守って飲みましょう。

Articles Overview

About CBD
What is CBD?
What is CBD oil?
What is CBD water?
CBDオイル&CBDウォーターの使い方
CBD Law
FAQ
About MARITIME
About MARITIME
CBD Intake
Component Analysis Chart
Distributor Program



Dealer Stores


MARITIMEのCBD製品についてのご質問はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

下記の店頭でMARITIMEのCBD商品を手に取ってご覧いただけます。

ブランドショップGOEMON
〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通4-1-13 ボンニー元町ビル102号 [ GoogleMap ]
TEL:078-362-1144
公式サイト:https://b-goemon.com/

取り扱い店舗一覧

*本記事は海外の研究などを参考に情報を伝えており当店取扱商品がこれらの症状に対する効果・効能があることを謳うものではありません。
*当店取扱商品は医薬品ではありません。疾病の予防や治療の効果を期待して用いるものではありません。

Subscribe to our newsletter or add us on LINE now and receive a 10% discount on your first order