CBD Law

CBDに関する法律を徹底解説|日本では合法?違法?THCとの違いは?

身体や心を落ち着かせるなどリラックス効果があることで知られる、CBD。

しかし、CBDが大麻草を由来とする成分であることから、日本での使用は違法なのではないか、大麻のような高揚感や依存性があるのではないかといった「誤解」が日本では広まっています。

そこで本記事では、CBDの性質について説明しながら、合法性や安全性などについて解説していきます。

table of contents

CBDの原材料は大麻だが、大麻取締法では規制されていない成分
CBDを摂取してもハイにならない?依存性や危険性は無い?
THCとの違い
海外では医療目的でも利用されている
CBDを日本で購入・使用する時の注意点
THCが含まれていないかチェック
認可を受けた安全な製品を選びましょう
CBDを使うときの注意点

CBDの原材料は大麻だが、大麻取締法では規制されていない成分

CBDの原材料は大麻だが、大麻取締法では規制されていない成分

CBDとは、大麻草から抽出された「カンナビジオール」と呼ばれる天然成分のことを指します。

大麻草が原材料であることから「CBD=大麻=違法」というイメージを思い浮かべがちですが、日本ではCBDの違法性は全くありません。

では、なぜCBDは違法ではないのでしょうか?その理由は、CBDの成分に関係しています。

1948年より施行された大麻取締法によると、日本で違法とされているのは「大麻草の葉と花穂とそれらを使用した製品」であり、「大麻草の成熟した茎もしくは種子とそれらを使用した製品」は違法の対象から除外されています。

したがって、大麻草の成熟した茎や種子から抽出した成分であるCBD製品は、日本では合法であり、所持したり使用したりすることで法律に触れるということはありません。

そのため、「CBD=違法性のある大麻とは別もの=合法」という認識が正しいことになります。

CBDを摂取してもハイにならない?依存性や危険性は無い?

CBDを摂取してもハイにならない?依存性や危険性は無い?

CBDには違法性がないことが分かりましたが、大麻やマリファナを摂取したときのような「ハイな状態」になってしまわないのか気になりますよね。

CBDは大麻から抽出した成分ではありますが、実際のところCBDには人をハイにさせるような作用や、依存性や危険性は全くありません。

CBDにはリラックス効果があるとされており、日本では不眠の改善やストレスの解消等を目的に利用している人が多いです。

THCとの違い

多くの人が想像する大麻やマリファナの作用は、THC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分に起因しています。

このTHCは、精神作用性が強く、陶酔作用や、場合によっては精神錯乱や幻覚・幻聴を引き起こすことがあります。このTHCの化合物を主成分としているのが、マリファナなどの脱法ハーブ・危険ドラッグで、これらは日本の法律で禁止されています。

CBDとTHCは、どちらも大麻草に由来する成分であるため、CBDとTHCの作用をつい混同してしまいがちですが、これらは全く異なる化合物なのです。

CBDは大麻草の茎や種子から抽出されるのに対して、THCは大麻草の葉や花穂から抽出されます。そもそも性質や構造式が全く異なるため、体に与える作用も大きく違います。

そのため、CBDオイルやCBDウォーターを摂取しても、依存性や危険性が全くないので安全です。

海外では医療目的でも利用されている

CBDは安全性の高さから、未成年の利用が規制されておらず、海外では成人だけでなく子どもに医療目的で処方されるケースも見られます。

てんかんの発作を抑える働きがあることから、幼少期に発症すると言われているレノックス・ガトー症候群やドラべ症候群などの治療にCBDが使われているのです。

CBDを日本で購入・使用しても大丈夫?

これまで説明した通り、CBDは合法なため、問題なく日本で購入・使用ができます。

しかし、CBDを含む全ての製品が合法というわけではありません。

THCが含まれていないかチェック

CBDとTHCの違いとは

実は、海外で販売されているCBD製品の中には、販売している国や州によっては大麻が合法なこともあり、日本では違法とされている「THC」が少量含まれていることがあるのです。

前述の通り、THCを含む製品の購入や使用は日本では禁止されています。そのため、海外でCBD製品を購入する際には、この「THC」が含まれていないかどうかを確認することが重要です。

一方で、日本で販売されているCBD製品に関しては、日本ではCBD製品の製造が大麻取締法の規制により禁止されているため、アメリカやカナダなど海外から輸入したものを直接販売、あるいは輸入した原料を加工して販売しています。

認可を受けた安全な製品を選びましょう

海外から合法的に輸入したあるいは輸入して加工したCBD製品であるかどうかは、「厚生労働省からの許可※1」を得ているかどうかが重要な判断材料となります。

厚生労働省では、少しでもTHCが含まれる製品に関しては規制を行い、注意喚起を行っています。※2

そのため、厚生労働省からの厳格な審査を受けて許可を受けているCBD製品であれば、安心して購入・使用ができます。

CBDを使うときの注意点

このように、CBDは日本でも安心して使用できます。体にも安全な成分であるため、毎日摂取することも可能です。

しかし、どんなに安全な成分であったとしても、神経系に作用する効果があるため、過剰に摂取してしまうと頭痛や下痢などの副作用を引き起こす可能性もあります。

副作用を感じるかどうかは個人差があるため、CBDを試す際にはまず少量から試すことを心がけてください。

また、CBDのリラックス効果により眠気を伴うこともあるため、CBDの摂取後は車の運転や、機械の操作などは控えるようにしましょう。

そして、持病・疾患を抱えていて医薬品を服用している場合には、CBDと併用することで影響がないかどうか、事前にかかりつけの医師や薬剤師に相談することも忘れないようにしてくださいね。

※1 参考:厚生労働省資料|CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ
※2 参考:厚生労働省|大麻成分THCを含有する製品について

Articles Overview

About CBD
What is CBD?
What is CBD oil?
What is CBD water?
CBDオイル&CBDウォーターの使い方
CBD Law
FAQ
About MARITIME
About MARITIME
CBD Intake
Component Analysis Chart
Distributor Program



Dealer Stores


MARITIMEのCBD製品についてのご質問はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

下記の店頭でMARITIMEのCBD商品を手に取ってご覧いただけます。

ブランドショップGOEMON
〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通4-1-13 ボンニー元町ビル102号 [ GoogleMap ]
TEL:078-362-1144
公式サイト:https://b-goemon.com/

取り扱い店舗一覧

*本記事は海外の研究などを参考に情報を伝えており当店取扱商品がこれらの症状に対する効果・効能があることを謳うものではありません。
*当店取扱商品は医薬品ではありません。疾病の予防や治療の効果を期待して用いるものではありません。

Subscribe to our newsletter or add us on LINE now and receive a 10% discount on your first order